遺品整理業者の力を借りよう

身内や親しい知人がなくなってしまった後、遺品整理を一人で行うのは大変です。
引越しとは異なり荷物のすべての行き先を決める必要があります。仕分けと梱包だけで疲れてしまうといつまで経っても終わりません。
賢く遺品整理業者の力を借りて効率よく整理を進めましょう。

遺品整理を自分でする場合と依頼する場合のメリットを比較

判断だけで済む

遺品整理業者に依頼したときは作業はすべて業者が行ってくれます。自分が行うべきは物をどうするかという判断だけです。
捨てる、売る、ほしい人に渡す等、処分する方法はいろいろ考えられますがそのどれかを指定するだけでほかの作業は業者任せにできます。

自分のペースで行える

故人を偲びながらゆっくりと作業したいなら自分で行うのがお勧めです。複数の部屋があれば部屋ごとに日付を決めてその部屋でほしいものがありそうな人を呼んで品をゆっくりと見てもらいましょう。売却、処分するものが固まったら業者に来てもらって対応してもらいます。

遺品整理業者はオプションメニューも用意している

遺品を処分するのは、どこの業者でも大抵行ってくれます。遺品の売却や供養まで行ってくれるところもあります。
別で業者を呼ぶ必要がなく、指定したとおりに仕分けして搬出から手続きまでをすべて担ってくれます。

安心して任せられる業者かどうかが分かるポイント

ダンボール

手続き時の対応方法

初回の問い合わせ時や見積もりのときなど業者の方と直接話せるポイントがいくつかあるはずです。その際の対応には注意しましょう。
ぞんざいな対応であったり、丁寧ではなかったりするその姿がそのまま遺品整理の方法にも反映されてきます。

見積もり時の金額明細

安くするからなどを口実に明確な明細を出さない業者がいます。面倒でも細かい明細を出してもらいましょう。出してくれないところは後から思わぬ追加料金を請求されたりするリスクがあります。
料金説明が丁寧なところは安心できるポイントの一つです。

必要な資格の有無

廃棄物処理、不用品の売却などにはそれぞれ資格や免許が必要です。いい加減な業者は資格を持たずに作業していることがあるので、きちんとした資格や免許を持っていることは先に確認をしておきましょう。
適切に遺品を処理してもらうのに必要な手続きです。

遺品整理がおすすめされているのにはワケがあった!

考える人

費用は掛かっても業者に任せるのが安心

慣れない遺品整理を自分で行うと時間がかかるだけでなく怪我や事故の元にもなります。せっかく業者を頼まずに整理と仕分けを行っても結局処分や売却の段階になって専門の業者を頼まざるを得ません。そこは資格・免許が必要な作業なのでやむを得ません。それぞれの手配を自分で行い、手間と費用をかけるくらいならはじめから遺品整理業者に頼んでしまうのが確実です。
整理業者と提携している業者を使ってくれるので一般に申し込むよりも費用を抑えることができ、見積もり次第では自分で行って業者を別途頼んだのとそれほど変わらない金額に収めてくれるケースもあります。

遺品整理業者が老前整理をしてくれる☆

仏壇クリーニングは京都の専門業者にお任せ!

遺品整理なら東京の業者へ☆

遺品整理なら東京で依頼 遺品整理なら東京の会社に依頼!

広告募集中